From 10月 2015

ファクタリングにかかる手数料について

ファクタリングは売掛金を買ってもらう代わりに手数料を支払う必要が出てきます。この手数料っていったいどのくらい必要なのでしょうか?通常なら、取引先との売買契約通りに支払いをしてもらえれば満額もらえますので、あまりにもファクタリングの手数料が大きければ少しでも我慢したいところだと思います。

しかしこのファクタリング手数料と言うのは、、ファクター会社によってもかなり違いが出てきており、通常では20%前後と言われています。1000万円ファクタリングをした場合は200万円の手数料を支払う、と言う事ですね。。。

これはかなり大きいような気がしますが、5%から20%と取引内容によってもファクタリングの手数料は変わってきてしまうのです。この手数料の中には、債権の譲渡をする費用なども含まれてくるのですが、この書類が必要のない取引も出てきます。 Read more

ファクタリングの仕訳について

ファクタリングは負債ではありませんので、会計をどう仕訳して良いのか?と経理の人で悩んでいる方も多いようです。そこでファクタリングの簡単な仕訳について説明してみましょう。

まず自社で使っている会計ソフトの中には、相手勘定科目にファクタリングという項目がない事も多いでしょう。このような場合、手形として処理をしていく事が多いようですね。ファクタリングは売掛金の売却になりますので、手形と同じような意味合いもあるからでしょう。これを売掛金として残してしまうと請求書の残高として残ってしまいますので、この対処策と言ったところです。

またファクタリングには手数料(割引料)が発生するのですが、これは支払い利息として計上をしている経理もいるそうです。でも支払い利息とは少し違いますので、売上債権譲渡損・売上債権売却損として処理をするのが良いと税理士は言っていました。 Read more

ファクタリングの仕組みを説明します

ファクタリングの仕組みを説明したいと思います。まずファクタリングには2社間取引(自社とファクター会社)、3社間取引(自社、ファクター会社、取引先)があります。これによってファクタリングの仕組みは少し異なってくるのです。

まず2社間取引の場合は、取引先には知られることもありませんので、信用度も失う事がありません。その分、取引先がしっかりしている事、などの審査が厳しくなってきます。

また3社間取引の場合は、取引先にも連絡がいき、ファクター会社と契約書を結ぶ事になります。その分手数料などは安く設定出来るのですが、取引先に心配をされ取引に影響が出る可能性も出てきます。 Read more

ファクタリングのメリットをまとめてみる

ファクタリングの説明については、当サイトファクタリンツとは?でもお伝えしましたが、ファクタリングの具体的なメリットについてもまとめてみたいと思います。

まずファクタリングでメリットと言える事を箇条書きでまとめてみたいと思います。

・融資が受けられない人でもOK
・売掛金が100万円以上あればOK
・税金が滞納中でもOK
・取引先が倒産してもリスクがない(2社間取引の場合)

このようなメリットがファクタリングにはあります。かなり大きなメリットですよね。

運転資金の資金を調達する事を考えると、どうしても融資を思いつきますが、債務超過の会社や税金を滞納している会社もかなり多いのが現実です。 Read more

ファクタリングの説明

ファクタリングと言うのは聞きなれない言葉かもしれませんが、欧米ではかなり古くから利用されている資金調達の一つとなっています。でも日本ではまだまだファクタリングに関する認知度が低いため、利用されている会社も少ないのが現状ですね。

ではファクタリングとはいったいどんな資金調達方法なのでしょうか?まずファクタリングと言うのは融資、借入れではありません。これを勘違いしている方も多いと思います。

新手の商工ローンか?なんていう声も出ていますからね。でもファクタリングと言うのは売掛金を売却する方法ですので、融資でもなければ、借入れでもない。その為、銀行融資のような審査もない(現状は取引先の審査はありますが)といった資金調達なのです。 Read more