ファクタリングの説明

ファクタリングと言うのは聞きなれない言葉かもしれませんが、欧米ではかなり古くから利用されている資金調達の一つとなっています。でも日本ではまだまだファクタリングに関する認知度が低いため、利用されている会社も少ないのが現状ですね。

ではファクタリングとはいったいどんな資金調達方法なのでしょうか?まずファクタリングと言うのは融資、借入れではありません。これを勘違いしている方も多いと思います。

新手の商工ローンか?なんていう声も出ていますからね。でもファクタリングと言うのは売掛金を売却する方法ですので、融資でもなければ、借入れでもない。その為、銀行融資のような審査もない(現状は取引先の審査はありますが)といった資金調達なのです。大体製造業や建設業、卸業にもなると、先に仕入れやお金が必要なのに、仕事が完了しても取引先に支払ってもらえるのが数ヵ月後。これが当たり前の世界です。これってすごく不安ですよね。

しかもその間には従業員への給料の支払いもありますし、仕入れに対するお金も必要となってきます。よほど余裕がないとなかなかお金が回転していかないと言うのが目下の問題となっています。

これを解消してくれるのがファクタリングという取引になります。あなたの会社と取引先の間にファクタリング会社が入って、契約を結びます。そして売掛金のうち何割かを先にファクタリング会社があなたの会社に支払ってくれるのです。

これで資金ショートもかなり防ぐ事が出来ますね。ファクタリング会社によってかかる手数料は違ってきますので、ファクタリング会社の選び方には注意が必要ではありますが、銀行などでも都銀を中心にファクタリング契約を行っています。

ただファクタリングと1くくりにしてもいけません。いろいろな契約方法がありますのでそこはしっかりと調べる必要があります。最近ファクタリングと呼ばれているのは、本来の姿ではなく売掛金を買い取る、という事だけをピックアップしているという事です。

ファクタリングの詳しい仕組みやメリット、デメリットなどは他のページでご紹介していきますね。

 

 

コメントを残す