ファクタリングの仕組みを説明します

ファクタリングの仕組みを説明したいと思います。まずファクタリングには2社間取引(自社とファクター会社)、3社間取引(自社、ファクター会社、取引先)があります。これによってファクタリングの仕組みは少し異なってくるのです。

まず2社間取引の場合は、取引先には知られることもありませんので、信用度も失う事がありません。その分、取引先がしっかりしている事、などの審査が厳しくなってきます。

また3社間取引の場合は、取引先にも連絡がいき、ファクター会社と契約書を結ぶ事になります。その分手数料などは安く設定出来るのですが、取引先に心配をされ取引に影響が出る可能性も出てきます。

まずはこの2種類を覚えておいてください。そこで基本的なファクタリングの仕組みとしては、
①商品の納品やサービスの提供が取引先と完了する
②売掛先企業(取引先企業)とのファクタリング契約を結ぶ
③ファクタリング会社とのファクタリング契約を結ぶ
④売掛先企業(取引先企業)の請求金額の確認
⑤ファクタリング会社への請求金額を通知する
⑥ファクタリング会社と取引企業との請求金額の最終的な確認
⑦ファクタリング会社から入金
⑧売掛先企業からファクタリング会社に支払い
(※参照:ファクタリング契約.comより抜粋)

このような流れが一般的です。ファクタリングを行う企業からすれば、出来れば取引先には知られたく無いケースも多いのではないでしょうか。こういった時は2社間ファクタリングを行ってくれるところを探す必要が出てきます。こればかりはファクタリングを行う状況によっても異なりますのでご注意ください。

またファクタリングの仕組みをしっかりと理解していないと、ファクタリングの種類によっては「こんなはずじゃなかったのに」という事にもなりかねません。こうならない為にも、ファクタリングの仕組みはしっかりと勉強する必要があるのです。どうしてもわかりにくい場合は、取引のある銀行に聞いてもらうとわかりやすいかもしれませんね。

コメントを残す