ファクタリングの仕訳について

ファクタリングは負債ではありませんので、会計をどう仕訳して良いのか?と経理の人で悩んでいる方も多いようです。そこでファクタリングの簡単な仕訳について説明してみましょう。

まず自社で使っている会計ソフトの中には、相手勘定科目にファクタリングという項目がない事も多いでしょう。このような場合、手形として処理をしていく事が多いようですね。ファクタリングは売掛金の売却になりますので、手形と同じような意味合いもあるからでしょう。これを売掛金として残してしまうと請求書の残高として残ってしまいますので、この対処策と言ったところです。

またファクタリングには手数料(割引料)が発生するのですが、これは支払い利息として計上をしている経理もいるそうです。でも支払い利息とは少し違いますので、売上債権譲渡損・売上債権売却損として処理をするのが良いと税理士は言っていました。

もし売上債権譲渡損・売上債権売却損という仕訳を使っていない会社に関しては、その他雑支出として計上するのも良いとの事です。

ファクタリングの仕訳については、もっと細かく掘り下げるといろいろと出てきます。税理士と相談が出来る状況でしたら税理士に聞いてみるのが妥当ですね。

もう一度、ファクタリングの仕訳についてまとめてみましょう。実務面では、売掛金を金融機関(ファクター会社)が買取をして、売買契約上の資金決済日よりも早く資金化することをファクタリング契約と言います。

売掛金をファクタリングで回収した後、いつ資金化するかは受け取る側の自由になっていますので、売買契約上の期日通りに受け取れば満額受け取る事も可能です。少しでも早く現金化したい場合には、ファクター会社に利息のような手数料を支払う事になるのです。

こういった事からも、ファクタリングの仕訳は現金化した時に売掛金から現金預金に振り替えれば良いように思えますが、それでは売掛金の残高が実際に資金化するまで減る事がありません。売掛金のほかに、電子債権という資産の勘定科目を作成して仕訳するか、電子債権の取り扱いが少数ならば、便宜的に受取手形に仕訳するのも有効となるでしょう。

ファクタリングをまったく知らない経理の方が経理処理を行うと、手形と混合をしてかなりつまずくかもしれませんね。まずは借入れではない、という事を念頭にネットなどで調べるよりも税理士さんに聞いた方が会社にとっても良いですし、間違いない仕訳が出来るのではないでしょうか。

コメントを残す