ファクタリングにかかる手数料について

ファクタリングは売掛金を買ってもらう代わりに手数料を支払う必要が出てきます。この手数料っていったいどのくらい必要なのでしょうか?通常なら、取引先との売買契約通りに支払いをしてもらえれば満額もらえますので、あまりにもファクタリングの手数料が大きければ少しでも我慢したいところだと思います。

しかしこのファクタリング手数料と言うのは、、ファクター会社によってもかなり違いが出てきており、通常では20%前後と言われています。1000万円ファクタリングをした場合は200万円の手数料を支払う、と言う事ですね。。。

これはかなり大きいような気がしますが、5%から20%と取引内容によってもファクタリングの手数料は変わってきてしまうのです。この手数料の中には、債権の譲渡をする費用なども含まれてくるのですが、この書類が必要のない取引も出てきます。

こういった事からもファクター会社に状況と希望金額をしっかりと伝え、手数料については説明をしてもらう事が大切になってきます。中にはこの手数料が不透明な業者もいるそうですので、契約書を交わす前にしっかりと手数料はいくらいるのか?を聞かなくてはなりません。

ファクタリングをする際の業者選びの中で、まずこの手数料が不透明なところは100%やめましょう。実際に存在するそうですので、こういった手数料が不透明な業者も。

そこでネットで見つめたファクタリングの手数料についてを記載してある情報を共有したいと思います。

「金融取引のファクタリングとは、債権を買い取って現金化することで、期日未到来の約束手形を買い取る手形割引も広い意味ではファクタリングの一種です。 ただし、金融機関の手形割引で、手形が決済されなかった場合には買い戻しの義務がありますが、これは、手形の売買の瑕疵担保特約です。 ところで、平成26年4月に、17年ぶりの税率アップがあった消費税ですが、今後、10%への再増税を前に、生活必需品への軽減税率が議論されています。しかし、実は、平成2年の消費税施行時より、政策目的など、一定の取引は消費税が非課税とされています。 金融取引では、債権の売買の手数料は非課税取引と定められているため、ファクタリングの手数料は非課税です。 その他、金融取引に関しては、利息も非課税なので、手形割引の手数料は、期日未到来の債権を現金化するので、支払利息類似取引として非課税になっています。 根拠としている取引は異なりますが、ファクタリング手数料、手形割引料はともに非課税取引です。」

(※ファクタリングってなに?知り合いの専門家に聞いてみました!より引用)

ファクタリングの手数料については非課税という事が書いてありますね。この辺も消費税増税の時に間違える可能性もありますので、ファクタリングの仕訳と一緒に覚えておく方が良い情報だと思い転載させて頂きました。非常に参考になる情報だと思います。

コメントを残す